迷ったら人を雑誌をサイトを活用する

コントロールカラーベースを使用してワンランク上の仕上がりに。

最近、歳を重ねたことで以前よりも肌悩みが増え、メイクの仕上がりに満足できないことが増えてきました。
その代表がベースメイクです。こちらをセラミド 化粧品←みてね。

 

 

今までは、化粧下地には透明タイプのものを使用していましたが、コントロールカラーを取り入れることにしました。

 

色ムラのある場所には黄。
透明感がほしい場所には青。
赤みの出ている場所には緑。
血色感のほしい場所にはピンク。
カバー力のほしい場所にはベージュ。

 

このように、肌悩みに合わせてカラーをチョイスして使い分けていきます。
すると、ベースメイクの仕上がりは見違えるように良くなるのです。ここをセラミド 化粧品を見てね。

 

 

特に、肌が老化するとクスミがちになるので明るさが失われていきます、そんな時にパールを配合したピンクのコントロールカラーは艶感と華やかさが演出できるので非常に重宝するアイテムです。

 

一色だけを全体に使用するのではなく、部分的に取り入れていくとより自然な仕上がりになります。

 

是非、普段のメイクにコントロールカラーを取り入れて仕上がりをワンランク上げてみませんか。