迷ったら人を雑誌をサイトを活用する

どもりにはプレッシャーをかけないのが一番です。

私は小学生の頃までどもっていました。
もともとせっかちな性格で何か話したいことがあると早く喋りたくて焦ってしまい、言葉がついてこなくてどもっていました。心配ならどもり 原因こちらで!

 

どもるとまた焦ってしまい、空回りしてなかなか言葉が出てきませんでした。
親からよく落ち着いてゆっくりと話すように注意を受けましたが、なかなか治りませんでした。
どもる原因は人によっていろいろあると思いますが、私の場合精神的なものが一番大きかった気がします。
成長して中学・高校の頃になるとだんだん精神的にも大人になり、落ち着きも出てきたのでどもらないようになってきました。
私の子供も小学生の低学年くらいまでどもっていたのですが、自分がどもっていた経験があるのであまりあれこれ言いませんでした。
成長するのを見守り、どもることを咎めたりなんとか無理に治そうとすることをしませんでした。
どもることにプレッシャーを与えずに、どもることは悪いことではないという態度で接していたら、小学生の高学年になってから徐々に治ってきました。
親が焦ったり、プレッシャーを与えることはよくないと思います。
心配だとは思いますが、大きな気持ちで見守ってやるのが一番いいと思います。迷ったらこちらどもり 原因←クリック